「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

トップページ > ふるさとメシINDEX > File.24 菊池の福丼

菊池の福丼(&福丼どんでん返し)

メイン料理写真
七城メロンドーム:菊池の福井「どんでん返し」

コラム

福丼どんでん返し
――その奇抜ともいえる提供方法とは?

 菊池の福丼の一部には、「どんでん返し」というメニュー(提供方法)があります。これを注文すると、一見、お椀(丼)に白ごはんと梅干しやゴマがのったものが登場。まずは、お米本来の美味しさを味わうために白ごはんを一口いただきます。そして別の皿(器)にひっくり返すと、しっかり具が乗った菊池の福丼どんでん返しが出来上ります。これぞ、まさに菊池の福丼「どんでん返し」。

どんでん返し写真

 これもテレビ番組内の「当時のご当地丼バージョンアップ企画」で、「米どころ・菊池なので、丼の上が真っ白なごはんだと、面白いのでは?」と提案を受け、永楽のご主人・園田さんが「それをお客様にひっくり返して食べてもらうというのはどうか?」と発案したことで、メニュー化されました。

 そして現在は、菊池市内の3店舗で、どんでん返しの提供が行なわれています。

 福丼自体には、「みんなが幸福に!」の思いが込められていますが、このメニューには「ちょっと落ち込んだ時、これを食べれば、失敗もどんでん返しされ、福に転じる」といった意味が込められているのかもしれませんね。

今回、熊本県菊池市を紹介してくれたのは
アグリック

ふるさとメシINDEXに戻る

前のページに戻る

トップページに戻る