「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

ブランド米の誕生秘話日本各地にある様々なお米、お米にまつわる歴史などをわかりやすくお伝えします。INDEX

トップページ > 日本お米紀行 > おいでまい誕生秘話 土地が狭く、水環境にも恵まれないうどん県・香川で生まれ、四国で初めて特Aを獲得するまでの試練の道のり

おいでまい誕生秘話 土地が狭く、水環境にも恵まれないうどん県・香川で生まれ、四国で初めて特Aを獲得するまでの試練の道のり

おいでまい誕生秘話 土地が狭く、水環境にも恵まれないうどん県・香川で生まれ、四国で初めて特Aを獲得するまでの試練の道のり

米どころの東北はもちろん、北海道や九州から続々と新銘柄が世に送り出され、今や「ブランド米戦国時代」とでもいうべき様相を呈している。そんな中で、西日本一降雨量の少ないといわれている香川県は、約1万4000もある「ため池」が米づくりを支え、水環境だけを見るならば、米づくりの適地とはいい難い状況にあった。そのため、「香川県産米は食味ランキングではAが限界!」といわれてもいた。そんな厳しい環境の中で育種され、四国を代表する良食味米へと育ったのが、おいでまいなのである。

温暖化で品質低下が著しかった香川産ヒノヒカリ

 讃岐の国・香川県は、昔からうどん県として小麦の生産に力を入れていたわけではない。むしろ米づくりに力を入れていたことが、過去の文献などから汲み取れるのである。江戸時代の大坂では、堂島米会所の標準米として讃岐の米が選ばれるなど、評判が高かったと伝わっている。
 しかし、時代が下って現代は、香川県といえばうどんの印象が圧倒的で、米づくりというイメージは薄れていった。

香川県農業試験場の外観

香川県農業試験場の外観

そして実際、さぬきの夢2000、さぬきの夢2009という、うどんの原料として旨みに定評のある、小麦のブランド品種を生み出しているのである。といっても、小麦の作付面積は約1600ha、県内のうどん用小麦粉の約5%を供給しているに過ぎない。一方、水稲の作付面積は、平成27年度で1万3900ha(主食用は1万3500ha)と約9倍。あくまでも農業従事者にとって米は、今でも欠くことのできない主要作物なのである。
 香川県農業試験場(香川農試)で、水稲の育種が始まったのは平成8年。小麦の育種が始まったのが平成3年なので、5年遅れのスタートであった。それまで香川農試では、奨励品種選抜試験などを行なうに留まっていたのである。
 香川県で育種が始まった平成8年頃は、日本に外国産米の輸入を義務づけるガット・ウルグアイ・ラウンドの合意(平成5年)、政府が米を買い上げる食糧管理法の廃止(平成7年)などで、米づくりを取り巻く環境は激変した時期。それに伴い、全国各地ではブランド米の育成が進み、新品種が次々に登場してきていた。
 当時の香川県を見ると、中山間部では早生のコシヒカリが主力品種であったが、平坦地では中生が主力品種として作付けされ、コガネマサリより良食味のヒノヒカリへと移行していった時期にあたる。ヒノヒカリは移行当初、何の問題もなかったが、数年経つと白く濁った粒(白未熟米)が見られるようになり、一等米比率も下がるという事態に。香川農試で早急にその原因を探っていくと……。
試験田における「おいでまい」「ヒノヒカリ」

試験田における「おいでまい」「ヒノヒカリ」


 品質低下は、温暖化に起因していることが明らかになった。また、そこには香川県ならではの事情も絡んでいたのである。平坦地の圃場で使われる水は、ため池の水。川から引いた水に比べ、「ぬるい水」だったのだ。そのため十分に圃場を冷やすことができないだけでなく、水を流す時期が決められているので、その年の気候に合わせ、田植えを早めたり、遅らせたりもできないという事情もあった。過去には、圃場に引く水を巡って生産者同士で殴り合いの喧嘩になったこともあったという。
 その対策として、肥料の入れ方での対処、田植え時期(水抜き時期)の見直しを図るなどの試験が行なわれたが、思い通りの結果を得ることはできなかった。そのため、農業関係者からは高温に強かったコガネマサリと同等の高温登熟耐性を持ち、かつヒノヒカリと同等の食味を持つ、香川県に適合した品種の育成を望む声が高くなっていったのである。

ページ: 1 2 3 4

前のページに戻る

トップページに戻る