「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

ブランド米の誕生秘話日本各地にある様々なお米、お米にまつわる歴史などをわかりやすくお伝えします。INDEX

トップページ > 日本お米紀行 > 銀河のしずく誕生秘話 食味ランキングで特Aを獲得していながらも、常に二番手の評価だった岩手県が、米どころ復権のため、遂に本気を見せた!

銀河のしずく誕生秘話

銀河のしずく誕生秘話 食味ランキングで特Aを獲得していながらも、常に二番手の評価だった岩手県が、米どころ復権のため、遂に本気を見せた!

秋田県、宮城県など、日本を代表する米どころとして知られる東北だが、その中にあって岩手県の存在感はけして強くない。しかし実際には、水稲の作付面積約5万6000ha、収穫量約28万8000t(平成27年)を誇り、全国ではいずれも第10位。しかも岩手県胆江地区などの県南部で生産されるひとめぼれは、日本穀物検定協会の米の食味ランキング特Aの常連で、1993年以降の特A獲得回数(21回)は魚沼産コシヒカリ、山形県産はえぬき(各22回)に次いでいる。また、一等米比率も90%以上と高く、全国でも有数の良質米生産地。データ的には〝ほかの東北各県とも比べ遜色なく、全国有数の米どころ〟といっても過言ではない。そんな岩手県が「日本有数の米どころ」と全国に再認識させるため、ブランド米競争に満を持して投入したのが、銀河のしずくなのである。

土地柄、まずは耐冷性を重視した品種から育成が始まった!

「米どころ岩手」のルーツは、今から約2000年前。胆沢平野で見つかった約2000年前の水田の跡などから、東北地方にも弥生文化が伝わり、岩手県でもその時代にすでに水稲栽培が始まっていたことが伺える。しかし、もともと米は温帯の植物。寒冷な気候の東北地方は、稲の生育には厳しい自然環境にあったことは否めない。しかし、先人たちのよる新田開発や栽培技術の改良などにより、江戸時代以降、岩手県を含め東北を「日本の米どころ」へと変えていったのである。仙台藩の本石米などは、江戸の食を支えたともいわれているが、岩手県南部も仙台藩領であり、本石米の生産の一部を担っていたのだ。
 そして戦中戦後の米不足から脱却した1950年代になると、それまでの多収が美徳とされてきた品種育成にも変化が見られるように。美味しいお米を求める消費者の嗜好に合わせ、1950年(昭和25)にハツシモ(岐阜県)、1956年(昭和31)にコシヒカリ(新潟県)、1963年(昭和38)にはササニシキ(宮城県)や日本晴(愛知県)と、ブランド米の黎明期を支えた品種が全国各地から登場してきたのである。
 さらに1969年(昭和44)に「自主流通米制度」の施行によって米流通の自由化が進むと、あきたこまち(秋田県/1984年)、ひとめぼれ(宮城県/1992年)、はえぬき(山形県/1993年)などのブランド米が続々誕生することに。また1995年(平成7)に施行された食糧法によって、米生産者が直接米を出荷できるようになると、ブランド米競争はさらに激化していく。そして東北だけに留まらず、全国各地で新たなブランド米がデビューを飾っていく。その数は200とも300ともいわれている。そして北海道は、ななつぼし(2004年)、ゆめぴりか(2011年)といった品種を育成し、新しい米どころとして名乗りを上げたのである。
hinsyu
 岩手県農業研究センターにおいても、1990年(平成2年)から品種開発に取り組んでおり、1992年(平成4年)に、県オリジナル品種「かけはし」(早生)、「ゆめさんさ」(中生)の2品種を開発し、以降、(2004年(平成16年)までに)主食用米として計4品種を育成してきた。
 さらに、激化するブランド米競争に勝ち残るため、(2010年(平成22年)から)岩手県生物工学研究センターとの連携を一層強化したプロジェクトにより、全国トップレベルの良食味を目標に据えたオリジナル品種の開発を加速させている。
 岩手県は東西約122km、南北約189kmと、南北に長い楕円形の形をしており、北海道に次ぐ面積を有している。

岩手県の食味ランキング地帯別地図

岩手県の食味ランキング地帯別地図

また、内陸部の大部分は山岳丘陵地帯で占められ、西側の秋田県との県境に奥羽山脈があり、これと平行する形で東部には北上高地がある。そして、この二つの山系の間を北上川が南に、馬淵川が北へ流れ、その流域に平野が広がっているのである。水稲栽培は主に2つの川に沿った平野部と中山間部が中心で、一部三陸海岸の沿岸部でも行なわれている。岩手県はこのような地理的条件によって各地区(県南部、県中部、県北部)での気候差が大きく、水稲栽培においては、品種の特性によって大きく適地が変わってしまうのである。逆にいえば、美味しい米を生産するための適地栽培を行なおうとするなら、多くの品種を揃える必要があった。
 県北部ややませ(春から秋に、オホーツク海気団より吹く冷たく湿った北東風または東風)の影響を受ける沿岸部では、出穂が早く耐冷性がある品種が望まれる。また、山に囲まれた県中部の雫石盆地などは、風が吹かないことでいもち病が起こりやすくなるため、耐冷性と同時に耐病性にも目を向けなければならないなど……。
 まず岩手県農業研究センターが手を付けたのは、冷害に悩まされる県北部、県中部の中山間部を対象とした耐冷性に優れた品種の育種だった。そして約10年の時を経て、2001年(平成13)には県北部向けの早生品種・いわてっこ(交配開始は1991年)、2005年には、県中部の中山間部向けの中生品種・どんぴしゃり(交配開始は1996年)などを送り出している。どちらの系統にも、良食味米として定評があったひとめぼれが入っていることから、同時に良食味米を目指していたことは想像に難くない。
岩手県農業研究センター

岩手県農業研究センター


 当時、岩手県では県南部で、ササニシキ、ひとめぼれ、県中部以北ではあきたこまちが主力品種として作付けされていた。しかし、1993年(平成5)に未曽有の東北・北海道大冷害が起こり、岩手県の作況指数は約30にまで落ち込んだ。特に、強い低温にみまわれた県中部以北では、耐冷性が弱く、いもち病に弱いあきたこまちは、惨憺たる状況だったという。  
 そのあきたこまちに変わりうる品種として期待されたどんぴしゃりは確かに耐冷性、耐倒伏性は優れていたが、食味が期待されたほど(平成27年度産の、どんぴしゃりはA´)ではなかったため、主食米として業務用として用いられることが多く、ほとんど一般市場に出回ることはなかったのである。

ページ: 1 2 3 4

前のページに戻る

トップページに戻る