「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

ブランド米の誕生秘話日本各地にある様々なお米、お米にまつわる歴史などをわかりやすくお伝えします。INDEX

トップページ > 日本お米紀行 > みずかがみ誕生秘話 毀誉褒貶の時を経て、かつて「日本ノ名物品」と謳われた近江米の実力とプライドを示したオリジナル育種品種

みずかがみ誕生秘話

みずかがみ誕生秘話 毀誉褒貶の時を経て、かつて「日本ノ名物品」と謳われた近江米の実力とプライドを示したオリジナル育種品種

滋賀県の農業の中心は稲作で、耕地面積のうち田んぼが占める割合を示す水田率は約92%もあり、富山県に次いで全国で第2位。昭和27年からずっと正月用の餅として昭和天皇陛下に献上し続けてきたという歴史を持つ滋賀羽二重糯(しがはぶたえもち)というもち米、大正時代に育成され、最近復活した「幻の酒米」といわれた滋賀渡船など……全国で注目されている米を輩出している滋賀県。しかし主食米では「近江米」という言葉こそ知られているが、全国にその名を知らしめる独自のブランド米を持っていなかったのだ。そんな状況の中で、県の期待を背負い育成された新品種が、2013年にデビューし、2015年には食味ランキングで特Aを獲得したみずかがみなのである。

戦国時代、江戸時代とその名を馳せてきた近江米の名声が
地に落ちる事態に!

 滋賀県(近江国)は、昔から「米どころ」として名を馳せていた。現在の東北地方一帯が未開発だった奈良時代は、日本一の石高(生産量)を誇っていたといわれている。

試験圃場における田植え風景

試験圃場における田植え風景

特に野洲川が流れる現在の湖南地域は、豊かな穀倉地帯だった。野洲川は「近江太郎」の異名を持つ暴れ川だったが、同時に大地に豊かな恵みをもたらしていたのである。
 戦国時代、織田信長が近江に安土城を築城し、拠点としたのは、当時の都・京都に近いなどの様々な要素が考えられるが、この穀倉地帯を掌握しておきたかったのも理由の一つだったといわれている。当時の近江国は、広大な領地を持っていた陸奥国(東北地方北部一帯)に次いで、全国第2位の石高を誇っていたのだ。
 江戸時代に入ると、野洲川の治水工事が進み、新田開発が積極的に行なわれ、石高をさらに増やしていった。そして近江米は「京都の御備米」と呼ばれ、大都市・京都や大坂の人々の胃袋を支えていたのである。また、その品質は良く、明治に入り初代滋賀県令となった松田道之は、「今後、海外への輸出が盛んになれば、現在の〝江州米(近江米)〟から〝日本ノ名物品〟になるだろう」とも記している。
 しかし、評価が高かった近江米に、突如危難が襲い掛かる。その契機となったのが、明治8年(1875)に施行された地租改正だった。租税がすべて金納になったため、農業者の間で米の品質管理(生産体制)の規制が弛緩し、生産される米の品質が著しく低下。
試験圃場における「みずかがみ」

試験圃場における「みずかがみ」

小粒で粗悪な近江米が広く流通するようになっていく。そのため滋賀県産の米は、「日本ノ名物品」から一転、「江州の掃き寄せ米」と酷評されるまでに。まさにその名声は地に落ちたのだった。
 ここから滋賀県の農業関係者は、長い期間を掛けた汚名返上の戦いが続いていくことになる。明治28年には県の農業試験場が発足しているが、すでにその前から新品種の育種は行なわれていたという。西を代表する穀倉地帯であり「近江米(江州米)」として古代より高い評価を受けてきた滋賀県にとっては、新品種による米の品質向上が切羽詰った課題となっていたことは、想像に難くない。
 それから100年以上に渡る長い米の品質改良の過程の中で、「幻の酒米」として知られることになる滋賀渡船やもち米の滋賀羽二重糯も生まれてきたのである。

ページ: 1 2 3 4

前のページに戻る

トップページに戻る