「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

ブランド米の誕生秘話日本各地にある様々なお米、お米にまつわる歴史などをわかりやすくお伝えします。INDEX

トップページ > 日本お米紀行 > 北海道産もち米誕生秘話 北海道がもち米で日本一の産地となるまでには、先人から受け継いだ逆境を乗り越える開拓魂があった!

【1月号】 北海道産もち米誕生秘話

北海道産もち米誕生秘話 北海道がもち米で日本一の産地となるまでには、先人から受け継いだ逆境を乗り越える開拓魂があった!

きらら397、ななつぼし、ゆめぴりかというブランド米でブレークした北海道米。今や米の一大産地として知られるようになったが、厳しい気候のため、明治時代には稲作不適地として栽培を禁止されたり、戦後は北海道米=不味い米という烙印を押されたりという過去を持っている。そんな状況にも不屈の精神で立ち向かい、うるち米ブランドを定着させただけではなく、もち米では生産量、品質ともに日本一の高い評価を得るに至ったのだ。北海道産うるち米については、「日本お米紀行 第二回、第三回」に詳しく記されているので、そちらを参照していただくとして、今回は北海道産もち米にスポットを当てて、話を進めていく。

北海道でのもち米の品種育成は、
まずは入植した生産者の手によって行なわれた!

「北海道のもち米(糯米)の歴史は、うるち米(粳米)と同様、北海道開拓史とともに始まったといっていいと思います」と上川農業試験場(上川農試)/研究部・水稲グループの平山裕治主査は語っている。
 うるち米では、明治6年、中山久蔵(現在の北広島市に入植)が、道南地方から「赤毛」を導入し選定した。

北海道の広大な田園風景

当時、稲作の不適合地とされていた道央以北での稲作を可能にしたことで、彼は「北海道稲作の父」と呼ばれている。
 もち米に目を向けると、明治10年頃には道南部では渡島糯、明治35年には道央部では厚別糯というもち米品種が育成されたという記録が残っている。渡島糯は1789年(寛政年間)頃、亀田郡大野村に入植した品川兼吉が、東北地方から北海道に移入された在来種から選出し、品種として固定したものであり、厚別糯は長野県有賀村(現・諏訪市)から厚別川・川下地区に入植した中沢八太郎が、品種改良に取り組んで生まれた八太郎糯が道内に広がり、厚別糯と呼ばれるようになったものだ。
 北海道でのもち米の品種育成は、うるち米と同じように入植者の手によって行なわれたのである。なぜ、ここまで入植者自身が米づくりにこだわり、心血を注いできたのか?
 当時、札幌農学校を誕生させたケプロンやクラーク博士は、「北海道では稲作は無理であり、本州のような小規模農業技術では非効率なので、麦作を中心に家畜や機械力を使った大規模農業を行うべき」と提唱した。その提言を受け、一時期、明治政府は北海道での「稲作の禁止」を命じている。そして、食生活も米からパン食、ミルクへと切り替えることが推奨されたのである。
 禁止されたにも関わらず、入植者たちが米づくりを継続したのは、「お米のごはんを食べたい」「正月には餅を食べたい」という、日本人ならではの切実な思いがあったといわれている。そして時代を下るに従い、その思いを実現するように稲作の作付けは道南から道央へと広がっていったのである。

上川農業試験場 研究部・水稲グループ 平山主査


 しかし、明治32~33年頃に開拓が始まった上川や名寄など道北部では、大正時代までは開墾面積の増大とともに換金できる麦や豆類、菜種などの生産が増えていったが、本格的に稲作に取り組む人は、まだ少なかったともいわれている。品種改良が進んだとはいえ、米は元々南国原産の作物。寒冷な道北での作付けは難しかった上に、灌漑設備に負担が大きかったことが、その理由として挙げられている。
 そんな中、北海道農事試験場では大正4年(1915年)に米の本格的な品種育種事業に乗り出すことになった。うるち米では大正8年(1919)に坊主1号、坊主2号を、もち米では大正12年(1923)に改良糯1号を世に送り出している。しかし、これらは今の交配育種法とは違い、初期の栽培集団から優良品種を選抜し、固定種を作る純系分離で行なわれたもの。交配育種法での品種の登場は、小川糯と走坊主を掛けあわせた北海糯1号(昭和9年)まで待たなくてはならなかった。
 北海道の稲作は、つねに気象条件の厳しさに悩まされてきた。特に昭和6年(1931)から続いた冷害は、壊滅的な被害をもたらし、せっかく開拓した水田を放棄する農家がいたほどだった。

上川農業試験場の外観

これを救ったのが、上川の農家が開発した「保護苗代(温冷床育苗)」と、上川農試(当時は北海道農事試験場上川支場)で育成された耐冷性に優れた富国(昭和10年/うるち米)だったといわれている。富国は収量性にも優れたため、またたく間に全北海道の半分以上の水田で作付けされるようになったという。
 それ以降も、上川農試からは多くのうるち米やもち米が生まれている。北海道うるち米のイメージを大きく変えるのに貢献したきらら397(昭和63年)やゆめぴりか(平成20年)などは、まだ記憶に新しい。

ページ: 1 2 3 4

前のページに戻る

トップページに戻る