「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

ブランド米の誕生秘話日本各地にある様々なお米、お米にまつわる歴史などをわかりやすくお伝えします。INDEX

トップページ > 日本お米紀行 > さがびより誕生秘話 西の横綱といわれたヒノヒカリの高い壁を越え、にこまるという新勢力にも負けない力をもったブランド米に成長!

さがびより誕生秘話

かつては、先人たちがたゆまぬ努力と知恵を発揮したことで、反収全国一に輝き、九州の米どころとして全国の注目を集めた佐賀県。米生産が「量から質」という時代においても、独自のスタンスを貫き、新品種の育成を始め、さがびよりという6年連続で特Aを獲得した極良食味のブランド米を生み出したのである。

常に水不足と闘いながらも、
反収全国一まで押し上げた先人たちの知恵

 佐賀県佐賀市を中心に、県南部から東部にかけて広大に広がる佐賀平野。その面積は約4万haほど。北に脊振山地、南に有明海に囲まれた温暖な地域で、吉野ヶ里遺跡にみられるように、昔から稲作を中心に栄えてきたといわれている。

佐賀県内における田園風景

しかし、農地や集落がある土地は、今でも満潮時の有明海の海面より低く、堤防を作る技術が未熟だった時代は、台風や大雨が降るとすぐに堤防が決壊、洪水という大災害に何度も見舞われてきた。また、脊振山地は山並み自体が低く、それほど広大なわけでもないので、森が水を貯めて流れる川は少なく、川らしい川は嘉瀬川くらい。このため、江戸時代には水田に入れる水の配分をめぐって、村同士の水争いが起こるなど、常に水不足に悩まされてきたという。
 洪水と干ばつが頻繁に起きるという厳しい条件の中で、佐賀平野で生活してきた先人たちは、知恵と技術を結集し、それらに立ち向かってきたのだ。
 その一例が、佐賀平野の中に流れるいくつもの広い水路。この水路はクリークと呼ばれ、佐賀の農業を支える大切な役割を果たしている。一番大きな役割は、なんといっても稲を育てるための水の確保。平野を流れる嘉瀬川やその支流である多布施川だけでは農業用水としての水の量が足りないため、雨が多い時期に余った水をクリークに貯め込んで、雨が少ない時期に使ってきたのだ。また、干満の差が大きい有明海の特徴と水と海水の比重の違いをうまく利用し、上層の水のみを取り込みクリークへと引き込むという淡水(アオ)取水という独特の手法も編み出された。
 佐賀平野の農業、特に米づくりは、このクリークと淡水取水によって発展してきたといっても過言ではない。しかしクリークから田へ水を汲み上げる作業が人々にとっては、とても過酷な作業。大正初期頃の佐賀県の米作停滞の大きな原因は、その重労働にあったといわれている。重労働を少しでも軽減させようと、踏み車や馬耕などと、さまざまな試行錯誤が行なわれたが、それを改善するまでには至らなかったのである。
 それを一気に改善したのが、大正11年(1922)の電気灌漑という、電動ポンプによる水の汲み上げ方法の普及だった。

収穫期を控えた県内の広大な田園風景


 今までの苦労が嘘のように、簡単に水田に水が入れられるようになると、それに合わせ米の品種改良も進められていった。品種改良が行われると、その品種に合わせ肥料の改善も行われ、その成果が目に見えて現われてくる。飛躍的に作業効率が上がり、それまでの過酷な労働から解き放たれ、人々の生産意欲も増して、1戸当たりの耕作面積の拡大へとつながっていく。
 好循環状態になった佐賀平野の米づくりは、大正後半から昭和初期にかけ大きく発展していくことに。そして昭和8年(1933)から昭和12年にかけては、米づくりにおいて反収量(10a=1000㎡当たりの米の収穫量)が遂に全国一に輝いたのである。この飛躍的な発展は「佐賀段階」と呼ばれ、全国の農業、農村の注目の的にもなった。これは、あきらめずに知恵と技術を磨いてきた佐賀農業従事者たちの勝利の証といっても過言ではない。

ページ: 1 2 3 4

前のページに戻る

トップページに戻る