「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

ブランド米の誕生秘話日本各地にある様々なお米、お米にまつわる歴史などをわかりやすくお伝えします。INDEX

トップページ > 日本お米紀行 > 風さやか誕生秘話 全国屈指の良質米の産地として知られる長野県が初めて本腰を入れた自県育種品種のブランド戦略とは?

風さやか誕生物語

風さやか誕生秘話 全国屈指の良質米の産地として知られる長野県が初めて本腰を入れた自県育種品種のブランド戦略とは?

 長野県で栽培されている主要品種はコシヒカリ。しかも県の全作付面積の76%にも及んでいる。
 しかし、近年他県では数多くのオリジナル品種を育成、新たな需要を掘り起こすための市場投入が図られている。食味ランキングで特Aを獲得した青森県の青天の霹靂しかり、平成29年度から一般販売を目指すとされている新潟県の新之助しかりである。米を巡る産地間競争は激しさを増しており、コシヒカリの本家本元といわれる新潟県すら、新しいブランド米を育成してきているのだ。
 そんな状況の中、長野県としても安穏としているわけにはいかない。県で育成された新品種・風さやかを、コシヒカリに次ぐ品種として育てていくために、平成28年1月には「風さやか推進協議会」をスタートさせた。

長野県の気候と土壌が育む美味しく良品質な米

 長野県の平成26年産農業産出額は2818億円であり、野菜(芋類含む)が848億円、果実が544億円、きのこが496億円、花きが144億円と、園芸作物が全体の72.1%を占めている。

長野県内における田園風景

特にリンゴやブドウの生産は全国的に知られ、園芸王国のイメージが強い。その長野において米の生産は402億円と、全体の14%を占めるに留まっている。
 しかし、数字的には園芸作物には及ばないものの、長野県は全国屈指の良質米産地として知られているのである。玄米検査時の品質を示す1等米比率は高く、平成16年~27年産において、全国1位の座を譲ったのは、平成24、26、27年産3か年だけである。平成28年産においては、速報値(平成28年12月31日現在)ではあるが、全国平均が83,6%だったのに対し、長野県産は97.2%という高い数値を示し、2位となっている。また10アール当たりの収量も、約600kgと全国トップレベルを誇っているのである。そして、食味ランキング(日本穀物検定協会)においても、北信地区および南信地区のコシヒカリは特Aを獲得。品質、収量だけでなく、食味でも高い評価を得ている。
 内陸性で盆地の多い長野県は日照量が多く、また昼夜の温度差が大きいため、稲の余分な代謝が抑えられ、米の旨みであるデンプンを効率よく蓄積する――それが、全国屈指の良質米を育んでいるといって良い。
「それだけでなく、全体的に標高が高い気候風土のおかげで、病害虫の発生が少ない。そのため農薬は少なく済むし、実がしっかりした米を作り上げるのです」
 長野県農業試験場・育種部/高松光生主任研究員が、美味しく良品質の米が生まれる長野県の気候と土壌的な特性を語ってくれている。

ページ: 1 2 3 4

前のページに戻る

トップページに戻る