「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

ブランド米の誕生秘話日本各地にある様々なお米、お米にまつわる歴史などをわかりやすくお伝えします。INDEX

トップページ > 日本お米紀行 > 新之助誕生秘話(後編) コシヒカリを水稲の横綱に育て上げた新潟県が、満を持してデビューさせた新之助の実力とは?

新之助誕生秘話(後編)

極良食味の組み合わせを得るために、黙々と宝探しの日々を!

 晩生の新品種の育成は、平成15年(2003)に約500種類の交配、約20万株の育成から始まった。
「とにかく極良食味であることが求められました。育てやすさ――稈が長い、低いは二の次でしたね」と石崎育種科長は当時を思い出しながら語っている。
 一般的に食味での選抜は、交配が進んだ6~7年経った品種改良の最終段階に行なわれるもの。

人口交配を行なっている時の光景

しかし、この晩生の新品種の選抜では、最初の約20万株から世代交代を進め、約1割、2万株の品種候補を選抜。さらに品質評価で1万株くらいに絞った(交配後2~3年の早い)段階で、食味選抜を行なったのである。
 1株から収穫できる米は約30g。この一握りの米を炊飯。そして、それぞれの米の耀きをチェックし、数値化するという方法を新たに開発し、選抜に取り入れたのだ。その方法がとられたのは、一粒ひと粒の米の耀きが美味しさのバロメーターになる――確実に、極良食味の可能性がある株を選抜できるからにほかならない。
「黙々と宝探しとする日々でした」と、気が遠くなるような作業に明け暮れた当時を思い出したのか、石崎育種科長は懐かしげに微笑んだ。
 1万株から5000株に、さらに翌年は1000株にと、徐々に絞っていきながら、同時に性質の固定化を図っていった。

炊飯米の機器分析による光沢評価

そのように選抜された品種候補は、平成23年(2011)に7つに絞られている。そして試験場内圃場だけでなく、産地の現場圃場に出され、耐性などを見る栽培試験、食味試験が繰り返され、平成24年は6候補、25年に5候補、26年には2候補まで絞り込まれていくことに。
 この選抜過程にあった平成22年、新潟は異常高温に見舞われた。少なからず育成中のものにも影響が出たため、品質劣化を招いた個体をすべて破棄することに。「高温に強いものだけを残せたことも育種担当者にとってラッキーだった」と石崎育種科長はいう。食味と同様に育種目標だった高温登熟耐性を、期せずして確認できたからだ。
 そして、最終的に残ったのは、新潟103号ともう一つの系統番号が付けられた二つであった。
「食味試験でもどちらも評価が高く、栽培特性でも問題はありませんでした。ただ、選ばれなかった方は、粒の大きさはコシヒカリ並みだったのに比べ、103号はひと粒が大きく、食べた際にも粒感をあって、明らかにコシヒカリとは違う感じがしましたね。どちらが生き残るのか? 私自身はお米を販売することを仕事としていないので、最終選択はお米屋さんやプロの料理人たちの判断にお任せしました」
 そして、最終的に奨励品種として選ばれたのは、のちに「新之助」と命名された新潟103号だった。
「食の多様化に対応するために、〝コシヒカリと似たものではなく、ベクトルが違ったものを!〟という当初の考えからすれば、総合的にみて103号だろうなとは、個人的には思っていました。なので、103号が選ばれ、正直ホッとしました」と、石崎育種科長は語っている。

                   「新之助」系譜図

ページ: 1 2 3

前のページに戻る

トップページに戻る