「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

ブランド米の誕生秘話日本各地にある様々なお米、お米にまつわる歴史などをわかりやすくお伝えします。INDEX

トップページ > 日本お米紀行 > 最新品種誕生ものがたり 宮城県/だて正夢&金のいぶき ササニシキ、ひとめぼれという人気ブランド米を生んだ宮城県が次世代を担うと期待する新品種2種の底力とは?

最新品種誕生ものがたり

 2017年から新たに作付け・収穫して販売する新ブランドの農林水産省への登録申請(民間の新銘柄開発も含め)は、昨年(2016年)の32銘柄を抜き、過去最多の42銘柄にのぼった。新潟県が昨年(2016年)、「新之助」をプレデビューさせ、話題を呼んだが、今秋も富山県「富富富(ふふふ)」、福井県「いちほまれ」、山形県「雪若丸」、岩手県「金色の風」など、多くの新品種のプレデビューを飾った。
 そんな米のブランド競争が過熱する中、宮城県で今秋プレデビューさせたのが、「だて正夢」だ。新品種を登場させた意図がどこにあるのか? 
 また、2013年に品種登録されたにも関わらず、自県では奨励品種にさえなっていなかった「金のいぶき」(2016年に宮城県でも奨励品種に)が、昨年から俄然注目を集めるようになった背景を解き明かしていく。

だて正夢は、主力品種というよりプレミアム感の存在に!

 ここ数年、米の新品種が多く登録されている背景には、来年にも見込まれている米政策の見直しがあるといわれている。

古川農業試験場の外観

個性的で強力なブランド米を投入することで、冷え込んでいる米の国内消費と農家の生産意欲を高めようとしているのである。「平成30年度(2018)の減反廃止に向けて、産地間競争に勝ち抜く必要がある。高く売れる米を作り、農家の収入を増やすのが第一の目的」と話す米関係者もいるほどだ。
 宮城県では、品質、耐冷性、良食味などを含め、オールマイティなひとめぼれを中心に、ササニシキ、玄米食用の金のいぶき(詳細は後述)、そして今秋プレデビューさせるだて正夢を4本柱に据えたいと考えているようだ。それは、だて正夢のプレデビューにあたって、村井嘉浩宮城県知事が述べた挨拶にも表われている。

試験田における「だて正夢」圃場風景


「~我が県では、皆様に馴染みのあるひとめぼれ、ササニシキに加え、新品種・だて正夢、さらに玄米食向け品種・金のいぶきを品揃えし、新しい"みやぎ米〟として、皆様の食卓にお届けしたいと考えています~」
 現在、ひとめぼれは県の主力品種であることは間違いなく、宮城県のうるち米の全作付面積の80%近くを占めている。しかし一品種に作付けが集中することは、作業効率やリスク分散を考えると、必ずしも好ましい状況とはいえない。また、消費者の嗜好の多様化に対しても、順応できないというデメリットもあるのだ。
 そういう意味でも、ひとめぼれとササニシキを両輪に、それを補完するのがだて正夢や金のいぶきという発想で、どうやらだて正夢は、「新潟県のコシヒカリに対する新之助」に近い、プレミアム感がある米という存在のようだ。

ページ: 1 2 3 4

前のページに戻る

トップページに戻る