「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

ブランド米の誕生秘話日本各地にある様々なお米、お米にまつわる歴史などをわかりやすくお伝えします。INDEX

トップページ > 日本お米紀行 > ~最新品種誕生ものがたり~ 福井県/いちほまれ コシヒカリを生んだ福井県が、"ポストコシヒカリ〟を目指し、満を持して登場させた、次世代を担うと期待される品種の実力とは!?

~最新品種誕生ものがたり~ 福井県/いちほまれ コシヒカリを生んだ福井県が、"ポストコシヒカリ〟を目指し、満を持して登場させた、次世代を担うと期待される品種の実力とは!?

 以前『コシヒカリ誕生秘話』(2015年7月)の中で、「平成29年度には、ポストコシヒカリを目指した品種が登録出願される」と、福井県農業試験場(以下、福井農試)のポストコシヒカリ開発部の清水豊弘部長(当時)は語っていた。その予告通り登場したのが、「いちほまれ」(越南291号)だ。
 福井県産コシヒカリは、関西方面では育成地ならではの最高ランクの米として知られ、福井県の農業関係者が「コシヒカリを育てた福井県」という自負を持って生産しているのと裏腹に、全国的には「コシヒカリといえば新潟県ブランド」のように扱われていることに、忸怩たる思いを抱いている人も多くいるといわれている。その思いを払拭するためにも、かねてよりコシヒカリを超える福井県産米のフラッグシップ的存在となる品種の育成が望まれていたが、まさに、それを具現化したのが「いちほまれ」なのである。

ポストコシヒカリを目指し、明確な3つの育種目標が設定された!

 コシヒカリを生んだ福井農試では、コシヒカリ誕生後もハナエチゼン、イクヒカリなど、これまでに30を超える品種を誕生させてきている。
 しかし、平成9(1997)年の福井県内の作付けを見ると、中生のコシヒカリが57%、ハナエチゼンが33%。この2品種で全作付けの約9割を占めるようになっていた。そして10年後の平成19(2007)年には、

福井県農業試験場の外観

コシヒカリの作付比率はさらに増加し、68%にも達しており、さらにコシヒカリへの作付け集中が進めば、収穫作業の遅れによる品質低下を招く恐れがあった。
 このような背景のもと、コシヒカリと同等の食味特性を持ち、コシヒカリより玄米外観品質が優れ,成熟期が遅い品種を目指し育成され、平成20(2008)年に県の奨励品種に採用されたのが、あきさかりである。
 このあきさかりは、ポストコシヒカリを目指した品種ではなく、あくまでも作期分散を目的とした品種であり、コシヒカリと比べて出穂期で7日、成熟期で10日遅い特徴を持っていた。デビュー当初は、食味に際立った特徴がないため、販売的に扱いにくいといわれていた。しかし、良食味で品質も安定していたことが評価され、平成24年にANA国際線のファーストクラス・ビジネスクラスの機内食に採用されるなど、外食関係で使い勝手の良さが認められ、徐々にではあるが作付けを伸ばし、コシヒカリの一極集中の歯止めに一役買うようになっていく。食味ランキングでも、平成27、28年と連続で特Aを獲得するなど食味も高く評価され、広島県や徳島県でも奨励品種に指定されている。

試験場内にあるコシヒカリの記念碑

「平成29年のあきさかりの作付けは約10%まで伸び、コシヒカリが約50%にとどまっているので、作付け比率を下げることに貢献したことは確かです。しかし、あくまでもポストコシヒカリを意識した品種ではなかったので……」と福井県農林水産部/福井米戦略課の杉本雅和参事は語っている。
 そして、福井県の農業関係者の「コシヒカリを超える新たな品種」という強い想いを実現するプロジェクトが動き出したのは、平成23(2011)年のことだ。奇しくも前年の平成22年は、日本列島は記録的な猛暑に襲われ、その影響で、全国的に米は高温登熟障害による一等米比率の低下=品質の低下を余儀なくされた。今後も、猛暑によって品質が低下することが懸念された。それを契機に、ポストコシヒカリの機運が加速したといっても過言ではない。
 平成23年5月に「ポストコシヒカリ開発部」が新設され、以下の3つの明確な育種方針が示された。
1.消費者の好みに合った味わいのある「美味しい」品種(コシヒカリを超える食味を持つ品種)
2.夏の暑さでもきれいに実り、倒れにくい品種(耐高温登熟障害、耐倒伏性の高い品種)
3.病気に強く、有機質肥料で安定して栽培でき、農薬や化学肥料の使用を減らし、ふるさと福井の自然に負荷が少ない『環境にやさしい』品種(減農薬・減化学肥料栽培に適した品種)

試験場の圃場における生育調査

「コシヒカリは素晴らしい品種であるのは確かですが、北は岩手から南は種子島まで、作付けできる広域適応品種。品種としては同じコシヒカリでも、食味や品質もそれぞれ。県産コシヒカリを高く売るためには、特別栽培米とか付加価値をつけて売っていかなくてはならないという状況にありました。そのため新品種には、まずは高価格で取引される――優位な地位が得られるコシヒカリを超えるプレミア感がある食味と、高品質であることが求められました。そこに高温登熟障害に強いことなどが加わったのです」
 福井農試/ポストコシヒカリ開発部の冨田桂部長は、当時の状況をこう説明している。

ページ: 1 2 3 4

前のページに戻る

トップページに戻る