「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

彩々クッキング 米食の日やいなりの日、毎日美味しくごはんのレシピ

トップページ > 彩々クッキング

11月のレシピ

11月1日 すしの日
1961年(昭和36年)に「全国すし商環境衛生同業組合連合会」が制定しました。新米が出回り、海の幸・山の幸が美味しくなるこの時期を選んで決めたといわれております。
11月7日 あられ・せんべいの日
「あられ・おせんべいの日」は1985年に全国米菓工業組合が、新米の取れるこの季節にこたつに入ってあられ・おせんべいを楽しんで欲しいと、毎年立冬の日を「あられ・おせんべいの日」に制定しました。
※節気など旧暦が関わる日は前後の日である場合があります。
11月8日 お米の日(毎月)
1978(昭和53)年、全国農業協同組合が毎月8日を記念日に制定しました。米を作るには88の手間がかかるといわれること、米の字を分解すると八十八になることが由来です。
11月11日 鮭の日
魚ヘンに圭で「鮭」です。圭のつくりを分解すると十一・十一となるから、鮭の日委員会が11月11日を「鮭の日」に制定したそうです。
11月11日 きりたんぽの日
きりたんぽ発祥の地、秋田県鹿角市の「かづのきりたんぽ倶楽部」が制定した日。きりたんぽをキーワードにまちの活性化を図るのが目的。日付けは、たんぽ串がイロリに立って焼かれている姿が1111と似ているところからこの日に。
11月17日 いなりの日(毎月)
いなり寿司を食べる機会を増やすきっかけを作ろうと、いなり寿司の材料を製造販売している株式会社みすずコーポレーションが制定しました。日付はいなりのい~なで毎月17日に。
11月18日 米食の日(毎月)
三重県が1978(昭和53)年10月に制定。「米」の字が「十」と「八」に分けられることから。
11月22日 回転寿司記念日
回転寿司の考案者である白石義明氏の誕生日(1913年11月22日)を記念日としたのは、回転寿司の生みの親企業の元禄産業株式会社。白石氏の努力で1958年4月、東大阪市で1号店がオープンした。
11月23日 お赤飯の日
お赤飯の日制定委員会により、2010年11月23日「勤労感謝の日」を『お赤飯の日』に制定。古くから、日本人の“ハレの日=お祝い事のある日”の食卓に欠かせなかったお赤飯の食文化を守り、今に伝えることを目的として、お赤飯を通じて日本の食文化とは何かを思い巡らす、また伝統的な赤飯文化の継承を呼び掛けるきっかけになるよう制定した。
11月23日 コメニケーションの日
11月23日は新穀を得たことを神様に感謝する日(新嘗祭)として古くから日本人に親しまれてきました。それにちなみ、2016年2月に新しく「コメニケーションの日」が制定されました。その日はその年の収穫に感謝し、お世話になった人におコメを送ったり、また大切な人と一緒にお米を食べて過ごす素敵な日になるよう願いが込められた記念日です。

前のページに戻る

トップページに戻る