「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

彩々クッキング 米食の日やいなりの日、毎日美味しくごはんのレシピ

10月のレシピ

10月1日 日本酒の日
酒という字は、「酉」(とり)に由来します。十二支の10番目は「酉」であり、また「酉」の文字は、酒壺の形をあらわす象形文字で、酒を意味します。美味しいお米は美味しいお酒をつくります!
10月1日 しょうゆの日
和食に欠かせないのがしょうゆ。10月はしょうゆの原料・大豆が収穫されることや「醤」に用いられている「酉」が干支で10番目に当たるなど10月が醸造と関係の深い月であることなどに因み、醤油業界が平成14年に制定しました。
10月8日 お米の日(毎月)
1978(昭和53)年、全国農業協同組合が毎月8日を記念日に制定しました。米を作るには88の手間がかかるといわれること、米の字を分解すると八十八になることが由来です。
10月16日 世界食糧デー
国連食糧農業機関(FAO)が1981(昭和56)年に制定しました。国際デーの一つで、発展途上国の人々が食糧不足で苦しまないためにはどうすればいいか考える日です。FAOが設立されたのが1945(昭和20)年のこの日です
10月17日 いなりの日(毎月)
いなり寿司を食べる機会を増やすきっかけを作ろうと、いなり寿司の材料を製造販売している株式会社みすずコーポレーションが制定しました。日付はいなりのい~なで毎月17日に。
10月18日 米食の日(毎月)
三重県が1978(昭和53)年10月に制定。「米」の字が「十」と「八」に分けられることから。
10月30日 たまごかけごはんの日
本サイトの特集(H27.8月号)でも掲載の人気のTKG。日本の古き良き食文化やふるさと、家族愛などを考えるきっかけとなる日をと、島根県雲南市の「日本たまごかけごはん楽会」が制定しました。第1回日本たまごかけごはんシンポジウムが開催されたのが2005年10月30日です。
10月31日 ハロウィン
ハロウィンは数千年前の古代ケルト民族の祭りが起源と言われています。古代ケルト民族は、1年の終わりを10月31日と定めました。仮装して子どもたちが町を練り歩き、窓をたたき"Trick or Treat"と言ってお菓子をねだるのは、祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子をまねたもので中世のなごり。近年日本でもこの西洋の文化がイベントとして定着し、ハロウィンのパーティでもカボチャを型取ったおにぎりやカボチャ入りカレーライスなども見られるようになりました。

前のページに戻る

トップページに戻る