「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

彩々クッキング 米食の日やいなりの日、毎日美味しくごはんのレシピ

12月のレシピ

12月8日 お米の日(毎月)
1978(昭和53)年、全国農業協同組合が毎月8日を記念日に制定しました。米を作るには88の手間がかかるといわれること、米の字を分解すると八十八になることが由来です。
12月17日 いなりの日(毎月)
いなり寿司を食べる機会を増やすきっかけを作ろうと、いなり寿司の材料を製造販売している株式会社みすずコーポレーションが制定しました。日付はいなりのい~なで毎月17日に。
12月18日 米食の日(毎月)
三重県が1978(昭和53)年10月に制定。「米」の字が「十」と「八」に分けられることから。
12月20日 ブリの日
魚へんに師と書いてブリ。年取り魚のブリは師走の魚。そして20日をブリと読む語呂合わせからこの日が記念日となっている。
12月24日 クリスマス・イブ
クリスマス前日の夜のこと。本来はイブニングの意味で、聖夜と呼ばれ、多くの行事が催される。今年は、「お寿司DEクリスマス!」はいかが?(今月の特集参照
12月25日 クリスマス
クリスマスは、イエス・キリストの降誕(誕生)を祝うミサである(降誕を記念する日)。日本では明治33年(1900年)頃からクリスマス商戦が始まったという説もある。また近年は日本人のクリスマスの過ごし方として約6割が家族と過ごすという統計もある。
12月30日 大晦日
旧暦で毎月の最終日を晦日(みそか)といい、年内で最後の晦日を大晦日といった。大晦日には、様々な年越しの行事が行われ、年越しの夜のことを除夜(じょや)とも言う。かつては、除夜は年神を迎えるために一晩中起きている習わしがあった。各地でさまざまな行事が行われるが、長野県などで行われるごちそうなどを食べる「お年取り」という行事もある。

前のページに戻る

トップページに戻る