「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

ごはんにまつわる思い出やこんな話、あんな話、様々な角度から特集記事でお届けします。INDEX

トップページ > 特集INDEX > ごはん彩々流!春の行楽弁当レシピ

ちょっとした工夫でワクワクがいっぱい!ごはん彩々流!春の行楽弁当レシピ

桜の花が散り、葉桜が美しい季節になると、気温がいっきに上がり、いよいよ春の行楽シーズン、真っ只中に。今年のGWは、1日休めば6連休、7連休がとれるカレンダーになっています。きっと家族やカップルで、旅行やピクニックなどを予定している人も多いはず。
またGWが開ければ、子どもがいる家庭では、春の運動会や遠足などといった行事が待っています。そんな行楽や行事のときに、持って行きたい、持たせたいごはん彩々流お弁当のレシピを紹介。ちょっとした工夫で、彩りも美しく、調理も簡単なお弁当の出来上がり。
そんな彩々流行楽お弁当を持って持たせて、春のうららかな1日を楽しんでみましょう。

子どもも大人も楽しめる彩り鮮やかなファミリー向け2段重弁当

一人用のお弁当と違い、かなり量が多いため、どうしても色が偏りがち。そのため、食欲をそそる彩りも大切なポイントになってきます。混ぜご飯にしたり、ごはんを小分けにしたり、野菜やピックなどを上手に利用したりと、食べやすくする工夫して、彩りも楽しいお弁当を作ってください。

2段重弁当

【一の重/ごはん編】

スクエア桜ごはん
ごはんには細かく刻んだガリを混ぜ込み、味のポイントに。上には薄焼き卵と、桜のフローズンフレークを散らして、彩りを演出。スクエアな形に作るために、和菓子が入っていた空き容器を使いました。
花びらごはん2種
プリンカップなどで形を作ったごはんの上に、薄切りにしたキュウリ、ラディッシュを花びらのように広げ、その上にイクラをのせて華やかに。ごはんには、青菜のふりかけ、赤シソのふりかけを混ぜて、色と味のポイントに。

【二の重/おかず編】

おかずはだし巻き玉子以外は、すべて前日に作ることができ、2〜3日と日持ちするものもあるので、当日あせらずに、お弁当作りができます。

豆腐入りふんわり松風焼きレシピ
しば漬けを混ぜ込むと、春色の彩りに。

【豆腐入りふんわり松風焼き】レシピ

【豆腐入りふんわり松風焼き】レシピ

<材料>

・鶏ひき肉
200g
・木綿豆腐
100g
・玉ねぎ
80g
・しば漬け
40g
・卵
1個
・塩
小さじ1/2
・しょうゆ
小さじ1/2
・片栗粉 
大さじ2
・けしの実
適量

<作り方>

  1. 玉ねぎ、しば漬けをみじん切りにする。
  2. けしの実以外の材料、調味料をボウルに入れ、手でしっかりと練り混ぜる。
  3. パウンドケーキなどの型に1.を入れ、手で押し、形を整える。
  4. オーブンの天板に湯を注ぎ、160℃に予熱したオーブンで40分焼き、粗熱が取れたら好みの大きさに切り分ける。
  5. お好みで、表面にけしの実を振りかける。
海老と桜色大根のピック刺し
桜型で抜いた大根は、赤シソのふりかけを混ぜた甘酢に漬けて桜色に。
菜の花の昆布〆
塩ゆでした菜の花を昆布で挟んで、昆布〆にすると日持ちもします。
ミョウガの甘酢漬け
ミョウガの色が、酢につけることで鮮やかに。
だし巻き玉子
パプリカのきんぴら
手綱こんにゃく

ひとことポイント

ごはんは、家にあるゼリーやプリンなどのお菓子の容器を使えば、簡単にキレイに形を作ることができる。またフタなどは、そのままごはんを載せる台に使えば、取り分けも簡単に。

*

シールやテープを使えば、誰のものか一目瞭然に。

*

増田知子
 フードコーディネーター

増田知子

証券会社に勤務後、小さい頃から好きだった料理を仕事にしようと、フードコーディネーターの資格を取得。メニュー開発や店舗コーディネートの仕事を経て、キッコーマンで和風総菜の商品開発の仕事に携わる。その後、フリーで活動を始め、雑誌や広告の撮影・メニュー開発・料理教室などで活躍。2011年に結婚、2012年に一児の母となり、料理への思いがより強くなり、料理をする人も、それを食べる人も幸せになれるようなレシピを研究中。

今回は、私の大好きなごはんを使った、バリエーション豊かな楽しい行楽弁当になりました。みなさんも、今回のポイントや独自のアイディアをプラスして、楽しいお弁当を作ってみてください。*

特集INDEXに戻る

前のページに戻る

トップページに戻る