「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

ごはんにまつわる思い出やこんな話、あんな話、様々な角度から特集記事でお届けします。INDEX

トップページ > 特集INDEX > ごはんをしっかり食べ、オリンピックではメダルを狙います!

今からスタミナ丼で夏を乗り切る体力作りを!

平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック出場を、日本第1号で決めた「スマイルジャパン」(女子アイスホッケー日本代表の愛称)。その代表に名を連ねるSEIBUプリンセスラビッツに所属する3選手に、オリンピックへの意気込み、ふだんの食生活や身体作りなどについて伺った。

足立友里恵さん

足立友里恵さん

フォワード
SEIBUプリンセスラビッツ所属
(株)プリンスホテル
北海道札幌市出身 32歳
身長155㎝

岩原知美さん

岩原知美さん

フォワード
SEIBUプリンセスラビッツ所属
(株)市進ホールディングス
北海道釧路市出身 29歳
身長161㎝

中村亜実さん

中村亜実さん

フォワード
SEIBUプリンセスラビッツ所属
(株)バンダイ
青森県八戸市出身 29歳
身長162㎝

プレイ&プライベート、
そして食生活も三人三様で、個性豊かだ!

選手写真

 スマイルジャパンのフォワードとして活躍している3選手。試合映像から想像し、さぞや恵まれた体格をしていると思いがちだが、実際に合うと「さにあらんや」なのだ。3選手とも155~162㎝で、日本女性の平均的身長。むしろ小柄ともいえる。また、もちろん華奢ではないが、「氷上の格闘技」といわれるアイスホッケーをやっている選手から想像する〝いかつさ〟は微塵もなく、笑顔が実に可愛らしい女性たちだったのである。

選手写真

 しかしひとたび、ユニフォームの下にプロテクターなどを装着し、スティックを持って、氷上に上れば、その姿は一変する。己の肉体を駆使し、激しくぶつかりあうプレイも厭わずに戦うのだ。海外の選手に比べれば小柄であるため、なおさらスケーティングにはスピード感があり、弁慶に立ち向かう、女牛若丸といった風情なのである。

 そんな彼女たちそれぞれのプレイスタイル&素顔を、他の2人がどう見ているかを、まずは語ってもらった。

足立選手について

中村

中村

結婚もされているし、プライベートでは女子力が高いですね。ご主人は大学院在学中の同級生。羨ましいほど仲良しなんですよ。

岩原

岩原

プレイヤーとしては、センターフォワードとしてフェイスオフでパックをとるのが上手いし、攻めから守り、守りから攻めへの状況判断も素晴らしいですね。だから、キルプレイ(反則により、味方の人数が少ない状態)でのスペシャルユニットには、欠かせない存在。そして、それを支えているのがアジリティ(敏捷性)の凄さだと思います。

足立

中村選手について

足立

足立

あみーご(中村選手の愛称)は、とにかくエネルギーに溢れています。本人は自覚してないようだけど、ゴールを決めたとき、100%で喜びを表現したり……チームに活気を与える影響力をもっています。まさに、〝チームの元気印〟。

岩原

岩原

プレイでいえば、ゴール前の職人。外人にも競り負けないし、リバウンドを押し込んでの得点も多いですね。プライベートでは同期ですし、高校のときから一緒(二人とも日体大荏原高校に入学。現チームの前身のコクドレディースに加入)。アミはエネルギッシュなので、プライベートも含めいい刺激をもらっています。実は、女性としても魅力的。いいお母さんになると思います。

中村:相手がいないけどね(笑)。

中村

岩原選手について

中村

中村

トモは、練習やプレイに関してはマジメで、チームでは、ときとして身体を張って危機を摘み取るプレイが得意。プライベートでは恥ずかしがり屋なんだけど、一度スイッチが入ると踊り出したり……と面白いんですよ。実はムードメーカー的なところもあり、私自身、トモの一番のファンを自認しています。

足立

足立

プレイ面では、チームのためにパックが当たるのを怖がらずシュートブロックに向っていくなど献身的。プライベートでも、常に周りを見ていて気遣いができる女性ですね。

岩原
選手写真

 3選手は、所属チームが同じということもあって仲がよく、プレイスタイルにおいても、それぞれがお互いを尊敬しあっていることが、話の節々から感じられる。そして、3選手に共通事項といえば、みんなごはん好きということになる。

岩原:白いごはんと焼肉が好き。でも、チームの中には大沢(ちほ)さんなど、よく食べる人がいますが、それに比べて私は、食が細い方だと思います。でも、美味しいごはんは大好きです。

中村:私が好きなのは、激辛料理と納豆ごはんにお赤飯。試合直前には、重い食事を摂らない人もいますが、私の場合は空腹だと集中力がなくなるので、逆によく食べるようにしています。その時のアイテムはおにぎりですね。また試合中(ピリオド間)に、補助栄養食品でお腹を満たすこともありますね。

足立:私は、試合直前は重いものを控える派。試合前は、白いごはんの量を増やして食べていますね。シンプルな塩むすびなども大好き――以前はよくコンビニで買っていたな。あと好きなのは豆大福ですね。

 食の話題になると俄然笑顔になる3選手だが、スマイルジャパンのメンバーとして、平昌オリンピックの出場権を獲得するまでの道のりは、けして順風満帆であったわけではない。話は4年前のソチオリンピックにさかのぼる。

特集INDEXに戻る

前のページに戻る

トップページに戻る