「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

お米雑学 お米にまつわるあんなことこんなこと全米販のおこめ博士が全部まとめて答えます!!

トップページ > 彩々炊飯術INDEX > 彩々炊飯術3 洗う

とぐの?洗うの? 洗う

炊飯器の内釜は、なるべく洗米時に使用しない方がお釜をいためませんね!内釜のキズはニオイの素になります。

最初のお水は、素早く全部捨てましょう

量ったお米を、ボウルや炊飯器の内釜にザッと入れます。最初は、水道水、軟水のミネラルウォーターをお米が全部浸るぐらい入れて、軽く1回転、手で回します。そのあと、素早く全部捨てましょう。

*

お米を洗うのは、表面に着いている ヌカをとるためです。最近は、精米技術が発達しているので、簡単に洗米します。ゴシゴシと手で押さえつける必要はありません。お米が割れないようにしましょう!!優しくね~

洗いましょう!

お水がない状態で、手で20回、回します。

次にお水をお米が全部浸るぐらいに入れます。
軽く1回転、手で回します。このお水もすべて捨てます。

この工程をもう一度繰り返します。お水は、全部で3回捨てることになります。

炊飯する時のお水としては、水道水、軟水のミネラルウォーターなどを使います。

*

お米をよく洗うと炊き上がりの色が白くなりますが、お水が透明になるまで洗う必要はありません。お米のとぎ汁の白い微粉は主にデンプンです。洗いすぎは美味しくなくなります。

女の子の絵

私ネイルしているのよ~、お米洗うのはチョット~

お米さん

手荒れやネイルなどを気にする女性の味方になるのは、洗米器です。
様々な洗米器が市販されているので、使用するのも良い方法です。
最近では無洗米も多く出回っているので、女性にも環境にも優しい製品といえます。
無洗米なら食事のしたくの時間短縮にもつながります。

市販されている洗米器の例

洗米器の例

前のページに戻る

トップページに戻る