「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

お米雑学 お米にまつわるあんなことこんなこと全米販のおこめ博士が全部まとめて答えます!!

トップページ > 彩々炊飯術INDEX > 彩々炊飯術4 浸す

どんなお米? 浸す

乾いたお米はのどがカラカラ~。たっぷり給水を!

お米を浸すときは、ボウルでも炊飯器の内釜でもどちらでもかまいません。
お米の芯まで、お水を吸収させる必要があります。
水温20度程度で1時間ほど浸します。最初の30分で約8割程度が急速に吸水されます。

夏場は1時間、冬場は2時間がよいといわれています。浸す時間が少ないと芯のあるごはんになってしまう場合があります。

夏場の暑い時期に5時間以上浸す場合は、雑菌が増えますので、冷蔵庫で浸すことをお薦めします。
最近の炊飯器は、浸漬時間も考慮して設計されています。
使用する炊飯器を確認してみましょう!
炊飯器によって異なります。

* *

お米に少~し愛情を!きっと美味しく炊けるはずです

乾いたお米は吸水が早いもの。最初と最後のお水には、チョット良いお水を飲ませてあげてたいですね!
浄水器のお水等を使用したりと、ワンランク上の炊き方にtryしてみてくださいね~♪

女の子の絵

水道水ってどんなお水?軟水?

お米さん

日本の水道水はほぼ軟水です!
カルシウムやマグネシウムなどの塩類の含有量が少ない水で、硬度100度以下の水をいい、炊飯・洗濯・染色などに合うといわれています。

前のページに戻る

トップページに戻る