「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

お米雑学 お米にまつわるあんなことこんなこと全米販のおこめ博士が全部まとめて答えます!!

トップページ > 彩々炊飯術INDEX > 彩々炊飯術8 保温する

美味しい保温時間 保温する

「無菌パックごはん」は特許商品。包装容器も特許製品。
あの白い容器、ごはんがくっつきませんよね? 食べ終わっても、容器を捨てないで残りごはんを入れて冷凍保存するというテク。そのままチンして食べるもよし、お茶碗への移し変えもサッとでき便利。
分量も約200g入り、大きいお茶碗一杯分です。

保温時間は短めに!

電子ジャーでごはんを長時間保温しておくと、ごはんの味が落ちてしまいます。
また、黄変〔おうへん〕によってごはんが黄色に変化してしまいます。
保温は1~3時間程度にしましょう。電気代もかかりますしね。
できるだけ熱いうちに冷凍すると、鮮度が保たれて良いですよ。

*

炊飯器によっては保温時間が10時間以上できるという説明もありますが、あまり保温はお薦めしません。雑菌も繁殖しますし、ニオイも気になりますね!
こまめに炊いていつも炊きたてごはんを召し上がってください。ごはん好きには、なんといっても炊きたてがたまりませんね!

監修:一般社団法人 日本精米工業会

前のページに戻る

トップページに戻る