「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

お米雑学 お米にまつわるあんなことこんなこと全米販のおこめ博士が全部まとめて答えます!!

トップページ > お米雑学 > 初午の日に、いなり寿司を食べるって聞いたことがありますが?

Q45 初午の日に、いなり寿司を食べるって聞いたことがありますが?

Q.初午の日に、いなり寿司を食べるって聞いたことがありますが?
A.稲荷神社は稲荷神を祀る神社。稲荷神は山城国稲荷山(伊奈利山)、現在の京都の伏見稲荷大社に鎮座する神で、稲荷大明神、お稲荷様、お稲荷さんとも呼ばれておる。
初午(はつうま)とは、2月最初の午の日のこと。この日は、五穀をつかさどる農業神の宇迦之御魂(うかのみたま)が伊奈利山に降臨した日と伝わっておるのじゃ。
全国各地の稲荷神社は、伏見稲荷大社の神様を分祀しておるので、この日に稲荷神の祭礼が行なわれ、豊作、商売繁盛、開運、家内安全を祈願するわけじゃ。
また日本人は、古来より狐を神聖なものとして考えられており、神の使いとして稲荷神社では狐が祀られているのじゃ。
そして、この神の使いである狐の好物が油揚げと考えられており(実際によく食べる)、油揚げをお供えするのだ。
そこから、油揚げを使った料理を「稲荷」、油揚げの中に酢飯を入れたものを「いなり寿司」と呼ぶようになり、初午の日にいなり寿司を食べる習慣ができたのじゃ。
「いなり寿司」は東西で呼び方や形状が違う。
(呼び方)
東日本では「いなり寿司」、西日本では「お稲荷さん」と呼ぶ傾向が強い。
(形状)
東日本では、米俵に見立てた俵型だが、西日本では、狐の耳に見立てた三角形が主流。

前のページに戻る

トップページに戻る