「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

お米雑学 お米にまつわるあんなことこんなこと全米販のおこめ博士が全部まとめて答えます!!

トップページ > お米雑学 > 「おもち」はスポーツに欠かせない食べ物といいますが、本当ですか?

Q46 「おもち」はスポーツに欠かせない食べ物といいますが、本当ですか?

Q.「おもち」はスポーツに欠かせない食べ物といいますが、本当ですか?
A.スポーツにもよるが、マラソンやトライアスロンなど、特に持久力を要する競技には、糖質の摂り方が勝敗のカギを握るといって過言ではない。レースや試合中に糖質が不足すると、脳までガス欠状態になり、意識がもうろうとしてしまうもの。
「おもち」には、運動中の主なエネルギー源となるこの“糖質”(炭水化物)が豊富に含まれておる。100g当たりで比較すると、「ごはん」が37.1gに対して、「おもち」は50.3gと、35%程度多い計算になるのじゃ。
また、大切な試合前には、競技レベルや年齢に関係なく、緊張感から食が進まない場合などでも、「おもち」はノド通りがよく、消化もよいので手軽に栄養補給ができるのだ。焼きもちなどは、調理もカンタンだしな。
このように、スポーツシーンはもちろんのこと、ぜひふだんの生活にも取り入れ、「おもちパワー」を体感してみるのがお薦めじゃ。

北海道内の主要なマラソン大会でもちを配布(ホクレン)

前のページに戻る

トップページに戻る