「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

お米雑学 お米にまつわるあんなことこんなこと全米販のおこめ博士が全部まとめて答えます!!

トップページ > お米雑学 > ひな祭りにどうして、ちらし寿司を食べるの?

Q50 ひな祭りにどうして、ちらし寿司を食べるの?

Q.ひな祭りにどうして、ちらし寿司を食べるの?
A.ひな祭りに、ちらし寿司を食べるのは、特に明確ないわれがあるわけじゃない。
 ただし、ちらし寿司に多く使われている具材には、いろいろな意味があるようじゃから、それが「ひな祭り=ちらし寿司を食べる」習慣に結び付いたのかもしれんな。
 一般的に、ひな祭りで食べられるちらし寿司に入っている海老は「腰が曲がるまで丈夫」という意味で「長寿」、豆は「健康にマメに働く」、ハスは穴から先を見通せるから「先の見通しがきく」に繋がることから、縁起の良い食材といわれておるわけじゃ。
また、「寿司」には字のごとく、「寿(ことぶき)」を「司(つかさど)る」ということで、「お祝いの席で食べる縁起のいいもの」という意味もある。
 ひな祭りには女の子の健やかな成長を願って、ぜひ、ちらし寿司を食べながら、楽しく祝ってほしいものじゃ!

前のページに戻る

トップページに戻る