「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

お米雑学 お米にまつわるあんなことこんなこと全米販のおこめ博士が全部まとめて答えます!!

トップページ > お米雑学 > なぜ、端午の節句に柏餅やちまきを食べるの?

Q53 なぜ、端午の節句に柏餅やちまきを食べるの?

Q.なぜ、端午の節句に柏餅やちまきを食べるの?
A.端午の節句に柏餅が食べられるようになったのは、江戸時代からといわれておる。柏の木の葉は、新芽が出るまで古い葉が落ちないという特性から、新芽を子ども、古い葉を親に見立て、「家系が絶えない」さらには「子孫繁栄」と結びつけられたわけじゃな。そのため、柏の葉で巻いた柏餅は、縁起のいい食べ物として定着していったのじゃ。
 一方ちまきは、端午の節句行事とともに中国から伝わったもの。中国の故事からきており、難を避ける厄払いの力があるとされ、最初は、楝樹(れんじゅ)の葉でもち米を包んでいたそうじゃ。時代が下ると、茅(ちがや)の葉も使われるようになり、「ちがやまき」とも呼ばれたそうじゃ。それがだんだんと短縮され、ちまきと呼ばれるようになったのだ。
 柏餅は、主に関東地方で定着しておるが、関西地方では柏の木が育ちにくかったことや、伝統を重んじる上方文化が息づいていることから、端午の節句にはちまきの方が一般的に食べられておるようじゃ。
 今年の端午の節句には、みんなで柏餅やちまき等を食べながら、男の子の健やかな成長をお祝いするとよいぞ。

前のページに戻る

トップページに戻る