「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

お米雑学 お米にまつわるあんなことこんなこと全米販のおこめ博士が全部まとめて答えます!!

トップページ > お米雑学 > 「土用の丑の日」になぜ、うなきを食べるの?

Q59 「土用の丑の日」になぜ、うなきを食べるの?

Q.「土用の丑の日」になぜ、うなきを食べるの?
A.日本では昔から、夏土用の期間は夏バテしやすいこともあり、「丑の日」に身体に良い「う」のつく食べ物(梅干し・瓜・うどんなど)を食べると「食い養生」の風習がありました。
 これにうなぎが加わった由来には、諸説ありますが、その一つが蘭学者の平賀源内の宣伝文句由来説。
 江戸時代、旬の時期から外れ、味がこってりしていたうなぎの蒲焼きは、夏には売れない商材でした。そこで、夏にも売上げアップを図りたいと考えたうなぎ屋が平賀源内に相談したところ、彼は「本日 土用丑の日」という看板を出すことを提案。見慣れない言葉に足を止めたお客さんに、店の主人が源内直伝の宣伝文句を並べ、店に引き込みました。その甲斐あって、お店が大繁盛。その後、他のうなぎ屋もその評判を聞きつけ、真似するようになったことで、「土用丑の日」にうなぎを食べる習慣が定着したということです。
 その真相は如何にというところですが、ちなみに、平成29年の「土用丑の日」は7月25日(一の丑)、8月6日(二の丑)の2日。夏バテ防止の意味も込めて、美味しいうなぎを食してみてはいかがでしょうか。
(土用の丑の日とは?)
1. 土用の意味
土用とは、立春・立夏・立秋・立冬より前の約18日間

2. 丑の日の意味
日本には、十二支の干支の中の「丑(うし)」のことです。干支は方角や日にちを数えるにも使われており、12日周期で「丑の日」がやってきます。

「土用の丑の日」は「土用」の期間かつ「丑の日」となりますので、時期ごとに、年によっては2回ある場合があります。

前のページに戻る

トップページに戻る