「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

お米雑学 お米にまつわるあんなことこんなこと全米販のおこめ博士が全部まとめて答えます!!

トップページ > お米雑学 > 「十五夜」になぜ、お団子を食べるのですか?

Q64 「十五夜」になぜ、お団子を食べるのですか?

Q.「十五夜」になぜ、お団子を食べるのですか?
A.秋の夜空は澄み渡っていて、月がいちばんきれいに見えることから、「中秋の名月」と呼ばれ、お月見イベントが平安貴族の間で広がりました。ちなみに「十五夜」は、旧暦の8月15日の夜を指しますが、現在は新暦になったことで、十五夜の日は毎年変わっています。
 この十五夜の日に、団子を供える習慣が定着したのは江戸時代から。十五夜が穀物(お米)の収穫時期に重なっていたため、お米の粉で月に見立てて作った団子を供え、お米が無事に収穫できたことに感謝し、次の年の豊作を祈願しました。これは当時、月が信仰の対象であり、月神である月読命(つくよみのみこと)が農耕の神でもあったためといわれています。
 団子をピラミッド型に積み上げていくのは、最上部が天に向けることで、月見団子を通して、収穫の感謝、祈願の気持ちを月まで届かせようという意図から。また当時の人は、供えた月見団子をいただくことで、月の力を分けてもらい、健康と幸せを得ることができると信じていました。
 平成29年の十五夜は10月4日(水)。ぜひ、団子を供えて、お月見をしてみてはいかがでしょうか。
「十三夜」とは?
旧暦の9月13日頃の月を指し、新暦では10月の中旬から下旬頃に巡ってきます。十三夜は十五夜に次いで美しい月といわれ、十五夜の後に巡ってくるので『後の月(のちのつき)』とも呼ばれます。
十五夜にお月見をしたら、必ず十三夜にもお月見をするのが一般的。十五夜だけを鑑賞することを『片月見』と呼び、縁起がよくないとされているからです。

前のページに戻る

トップページに戻る