「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

お米雑学 お米にまつわるあんなことこんなこと全米販のおこめ博士が全部まとめて答えます!!

トップページ > お米雑学 > 「七草粥」ってなぜ食べるんですか?

Q69 「七草粥」ってなぜ食べるんですか?

Q.「七草粥」ってなぜ食べるんですか?
A.七草粥は、毎年1月7日(人日の節句)に春の七草を入れて食べるお粥のことです。七草は早春にいち早く芽吹くことから、邪気を払うといわれていました。そのため、これを食べることで、1年の無病息災を祈るようになったのです。この習慣は江戸時代から始まったとか。
 七草は時代や地域によって異なることもありますが、一般的にセリ、ナズナ(ペンペン草)、ゴギョウ(母子草)、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(蕪/カブ)、スズシロ(大根)を指します。
 おせち料理が続き、正月疲れが出はじめた胃腸をいたわり、回復させるにはちょうどよい食べ物でもあります。また、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給も行なうという目的もあったようです。
 七草セットは、ネット通販や一部のスーパーやコンビニで販売されていたり、外食メニューになっていたりします。ぜひ、この機会に「七草粥」を食べて、体を癒してみてはいかがでしょうか。

七草粥

前のページに戻る

トップページに戻る