「ごはん彩々」は、お米・ごはんの隠れた魅力を発信する情報ウェブマガジンです。

お米雑学 お米にまつわるあんなことこんなこと全米販のおこめ博士が全部まとめて答えます!!

トップページ > お米雑学 > 「鏡開き」って何ですか?

Q70 「鏡開き」って何ですか?

Q.「鏡開き」って何ですか?
A.鏡開きとはお正月に年神様にお供えしていた鏡餅を下げ、割って食べる昔から日本の習慣で、毎年1月11日に行われることが多いようです。
 鏡餅は単なるお供え物というより、神様が宿るところと考えられており、鏡餅を開くことで、年神様をお送りし、お正月に一区切りをつけます。さらに、年神様の力が宿った鏡餅を食することで、その力を授けてもらい、この1年が健やかで幸多い年になりますようにと、一家の無病息災を願うのです。
 鏡開きは鏡割ともいわれており、昔から鏡餅を木槌などで叩いて割っていました。これは、包丁などの刃物で切り分けることは、年神様にお供えしていたものに刃を向けることにつながり、大変な失礼なこととされていたためです。
 最近はお供えする鏡餅もパック詰めのものが主流となっており、鏡開きを行なうご家庭も少ないようですが、今年は実際に鏡開きを行ない、「おしるこ」「あげもち」などにして楽しんでみて下さい。
「松の内」
お正月は年神様をお迎えする行事であり、年神様がいらっしゃる1月7日までを「松の内」といい、鏡開きは「松の内」が明けた1月11日に行なうのが一般的。
一方、関西地方等では「松の内」を15日とする地域では鏡開きを15日または20日に行なう場合もあります。

鏡餅

前のページに戻る

トップページに戻る